Archives for 8月 2016

犬の手作り薬膳食材:夏バテ予防に「ゴーヤ」

犬に身近な薬膳食材、今回は「ゴーヤ(苦瓜)」をご紹介します。


苦味成分が夏バテ予防に効果的

犬に「ゴーヤ」を食べさせるというと「え?」とビックリされる方も多いのですがゴーヤが好き!という犬は意外に多いものです。

ゴーヤは体のほてりを鎮め、夏バテ予防・解消にと使用される薬膳食材です。

栄養学的にはビタミンCやミネラル類が豊富で、この点も体に必要な栄養素を手軽に補えるという点でおすすめです。

 

ゴーヤの苦味成分には「解毒作用」「血糖値を下げる作用」などがあり、夏バテ解消にも効果的とされています。


ゴーヤ好きの犬はどうやって食べている?

 

飼い主さんがゴーヤチャンプルーを作る!というときに、肉、卵、ゴーヤを炒め合わせてシンプルな犬用ゴーヤチャンプルーを作ってもらっている犬は多いですね。

特に豚肉は疲労回復に効果のあるビタミンB1を豊富に含むため、夏の体力消耗にはゴーヤと併せて食べるのにぴったりな食材です。

もし、飼い主さんがゴーヤを食べる機会があれば、ぜひ犬にも炒め物などで手作り食に加えてあげてみてください。

 

ゴーヤについての詳しい解説動画セミナーもぜひ、併せてご覧くださいね。

 

 

●愛犬の薬膳ガイドYoutubeチャンネル登録はこちら:


犬の薬膳無料メールセミナー
「愛犬のための薬膳」を学ぶことに興味がある方向けに、無料メールセミナーを配信しています。

配信希望の方は、下記よりご登録ください。
*氏名は漢字で正確にお書きください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

*メールセミナーに登録された方には後日、愛犬のホームケア情報「ぐり通信」も併せて配信させていただきます。ご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

犬の手作り薬膳食:むくみやほてりの解消に!「冬瓜」

Office Guriの諸橋直子です。

夏に多く出回る「冬瓜」。実はこれも立派な薬膳食材です。きょうはそんな「冬瓜」の紹介です。

 


ほてりやむくみの解消におすすめ「冬瓜」

夏に出回る冬瓜は淡白であっさりとした野菜。夏バテで弱った胃腸にはぴったりです。

薬膳で考えられる薬効としては

  • 体の余分な熱を取り去り、ほてりを冷ます
  • 利尿作用

等が挙げられます。

 

夏場は湿度が高く、食欲が落ち、体がむくみがち…という風に不調を訴える人は多いです。

 

この原因となるのは、通常人間の場合、汗を体表から蒸発させることで体温を調整していますが、湿度が高くなるとこの蒸発が上手くいかなくなります。

 

その結果、体の中に熱がこもり、調子が悪くなる、ということが起こってきます。

 

犬の場合はこれを、舌を出して呼吸する「パンティング」という方法で行います。舌、気道にある水分を蒸発させることで体温を下げるのが狙いですが、これも湿度が高くなるとやはり空気が乾いているときと比べて効率が悪くなります。

 

そういう意味では、湿度の高さで体調に影響を受ける犬も、人間同様に夏は増える、と考えることが可能です。

 

冬瓜はこのような「体にこもった熱」を冷ましてくれる薬効がある、と薬膳では考えられています。

 


利尿作用のある「カリウム」が豊富

 

栄養学的にみても、「冬瓜」はカリウムを多く含み、利尿効果が期待できる食材です。

最近は病気の治療で使用している薬の影響で、どうしてもむくんでしまう…という犬のために、こうしたむくみ解消に役立つ薬膳食材を利用している飼い主さんも多くいらっしゃいます。

また、低カロリー食材なのでダイエット中の犬にもおすすめです。

 

冬瓜は「皮」「種」の部分に薬効を含む成分が多い、と考えられています。

ただ、「種」「皮」は美味しいとはあまり言えない部位ですし、消化も良くないのでそのまま犬に与えるのはおすすめではありません。そのため、「種」「皮」を別鍋で煮てエキスを抽出し、冬瓜の白い実の部分を調理する際、エキスを足して一緒に料理するのがお勧めです。

 

犬の食事に使う場合は、鶏ひき肉と一緒に煮たスープなどのメニューが人気があります。ぜひチャレンジしてみてください。

 

冬瓜についての解説動画セミナーも併せてご覧ください。

 

 

 

●愛犬の薬膳ガイドYoutubeチャンネル登録はこちら:


犬の薬膳無料メールセミナー
「愛犬のための薬膳」を学ぶことに興味がある方向けに、無料メールセミナーを配信しています。

配信希望の方は、下記よりご登録ください。
*氏名は漢字で正確にお書きください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

*メールセミナーに登録された方には後日、愛犬のホームケア情報「ぐり通信」も併せて配信させていただきます。ご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

犬の手作り食薬膳:体を温め胃腸を元気に!「かぼちゃ」

Office Guriの諸橋直子です。

愛犬のための身近な薬膳食材、今回取りあげるのは「かぼちゃ」です。


胃腸の働きを助け、疲労回復に役立つ「かぼちゃ」

 

かぼちゃも薬膳では立派な薬効を持った「薬膳食材」と考えられています。

 

かぼちゃは胃腸の働きを助け、体を温める食材として使用されています。

 

冷えは万病の元、よいうのはよく言われることですが、体温が低すぎると体内の代謝活動が鈍り、代謝活動に必要な各種酵素の働きも鈍ることが知られています。また、体温が下がると免疫力も下がることが知られているので注意が必要です

胃痛を和らげる働きもあるとされるので、胃腸のトラブル時には柔らかく煮てペースト状にして犬に与える、お粥に混ぜてかぼちゃ粥にするのも良いでしょう。

 

 


抗酸化作用を持つ成分やビタミン類も豊富

 

栄養学的に見てもかぼちゃは多くの犬の身体に有益な栄養素を含んでいます。

例えば、かぼちゃに豊富なβカロテンは抗酸化作用があることで良く知られています。

また、ビタミン類も豊富に含むため、体の代謝に必要なビタミン類を補給するにも適した食材です。

 


ほくほくとしたでんぷん質の甘みは、犬も大好き!

 

甘みがあり、でんぷん質のかぼちゃは犬も好むことが多く、煮る、炒めるなど様々な形で取り入れている方も多いです。ぜひ愛犬の食事にかぼちゃも取り入れてみてくださいね。

 

尚、体に良いとされるβカロテンは皮の部分に多く含まれています。皮の部分もおいしく調理して、犬に食べさせて上げるのがお勧めです。

 

かぼちゃについての詳しい解説動画セミナーもぜひ、併せてご覧くださいね。

 

 

●愛犬の薬膳ガイドYoutubeチャンネル登録はこちら:


犬の薬膳無料メールセミナー
「愛犬のための薬膳」を学ぶことに興味がある方向けに、無料メールセミナーを配信しています。

配信希望の方は、下記よりご登録ください。
*氏名は漢字で正確にお書きください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

*メールセミナーに登録された方には後日、愛犬のホームケア情報「ぐり通信」も併せて配信させていただきます。ご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

犬の手作り食薬膳:胃腸を助けて免疫力UP「ピーマン」

Office Guriの諸橋直子です。

身近な薬膳食材を紹介するシリーズ。今回は「ピーマン」を取り上げます。

 


血流を良くし、抗酸化作用もある優れもの「ピーマン」

 

薬膳ではピーマンも立派な「薬効」を持つ食材と考えられています。循環器系、胃腸に働きかけるとされ、血流を良くする効果も期待できると考えられています。特に胃腸を整える働きで知られます。

栄養学的に見てもビタミン、ミネラル類が豊富で体調を整えるのにオススメの食材です。

濃い色素には抗酸化作用があることでも知られており、免疫力を高める、抗がん作用などが期待できる野菜です。

その他にも

 

  • 疲労回復
  • 夏バテの予防

 

などにも効果的であると、薬膳では考えられています。

 


犬にピーマンは生?加熱?どっちがお勧め?

 

犬の場合は炒めるなど、加熱して食べやすい形で与えるのがオススメです。特に油で炒めるとピーマンに含まれるβ-カロテンの吸収率がUPします。

β-カロテンは犬の場合、必要に応じてビタミンAに体内で変換されます。

 

ビタミンAは粘膜の強化に必須のビタミンと考えられており、粘膜は外部からの異物の侵入を防ぐ免疫に深くかかわる部分です。

 

ぜひピーマンを使った料理も、犬の食事に取り入れてみてくださいね。

 

ピーマンについての解説動画セミナーも併せてご覧ください。

 

 

●愛犬の薬膳ガイドYoutubeチャンネル登録はこちら:


犬の薬膳無料メールセミナー
「愛犬のための薬膳」を学ぶことに興味がある方向けに、無料メールセミナーを配信しています。

配信希望の方は、下記よりご登録ください。
*氏名は漢字で正確にお書きください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

*メールセミナーに登録された方には後日、愛犬のホームケア情報「ぐり通信」も併せて配信させていただきます。ご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

犬の手作り食薬膳:夏バテ、むくみに「きゅうり」

Office Guriの諸橋直子です。

身近な薬膳食材を紹介するシリーズ、今回は夏野菜の「きゅうり」を取り上げます。


利尿作用抜群の薬膳食材。むくみの改善にも。

 

きゅうりにはたっぷりの水分とカリウムが含まれているため、利尿作用の高い食品として知られています。薬膳でもむくみ解消、ほてりや喉の渇きに効果がある食材として用いられます。

 

また、体の熱を取る作用に優れた食品とも考えられているため、夏の食欲不振、夏バテ、尿の出が悪いといった際に食事に加えるのもお勧めです。

 


そのままでも、おろしきゅうりでも。手軽な方法で犬の食事にプラス。

 

きゅうりの、こりこり、ポリポリといった食感を好む犬は多いです。おやつ代わりに食べさせるのも良いでしょう。

食欲がない犬の場合は、例えば焼き魚をほぐし、その上におろしたきゅうりをかけて全体を軽く和えたあっさりした食事もおすすめです。

きゅうりは胃・腸に働きかけ、やさしくいたわる働きも持っています。

 


皮は剥かずに、皮に含まれるビタミンも体に取り込みましょう。

 

きゅうりは皮の部分に多くのビタミンが含まれます。なので、きゅうりの栄養を丸ごと頂きたい場合は、皮はそのままで食べるのがお勧めです。

 

きゅうりの薬膳的な薬効の解説をまとめだ動画セミナーも併せてご覧くださいね。

 

 

 

●愛犬の薬膳ガイドYoutubeチャンネル登録はこちら:


犬の薬膳無料メールセミナー
「愛犬のための薬膳」を学ぶことに興味がある方向けに、無料メールセミナーを配信しています。

配信希望の方は、下記よりご登録ください。
*氏名は漢字で正確にお書きください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

*メールセミナーに登録された方には後日、愛犬のホームケア情報「ぐり通信」も併せて配信させていただきます。ご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

犬の手作り食薬膳:体のほてりを抑える「茄子」

Office Guriの諸橋直子です。

身近な薬膳食材を紹介するシリーズ:今回の食材は「茄子」です。


体の火照りを冷ますお助け食材

 

体の熱を冷まし、胃腸を元気にしてくれる「茄子」も実は身近な薬膳食材です。

 

気温の上昇、湿度が上がるに伴い、食欲がなくなる犬も多いです。そんなときにはあっさりと、淡白で利尿効果の高い食材がおすすめです。

茄子はそんな夏バテ気味の犬にはもってこいの食材です。

利尿効果の高いカリウムを豊富に含み、むくみの改善にも有効です。湿度が高くなると、水分代謝が落ちる犬や飼い主さんも多いです。そんなときにはぜひ、食事メニューに茄子を加えてみてください。

 

また、茄子は胃腸を元気にして働きを活性化すると薬膳では考えられています。

 

暑いと食欲が減退するのは犬の人も同じです。

そうめんなどの喉越しの良い主食に、犬の場合は鳥ささみなどの淡白な肉を加え、加熱した茄子を添えたあっさりメニューも夏場にはおすすめです。

 

食欲がないときは胃腸と体を休ませ、元気になったらまたいろいろと美味しいものを食べれば大丈夫。無理せず、体の調子に合わせて食事を調整するのが薬膳の基本です。

 

茄子の紫色の成分「ナスニン」はガンや動脈硬化の予防効果でも注目されています。

 

茄子の薬膳的な効果について解説した動画セミナーも公開しているので、併せてご覧くださいね。

 

 

●愛犬の薬膳ガイドYoutubeチャンネル登録はこちら:


犬の薬膳無料メールセミナー
「愛犬のための薬膳」を学ぶことに興味がある方向けに、無料メールセミナーを配信しています。

配信希望の方は、下記よりご登録ください。
*氏名は漢字で正確にお書きください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

*メールセミナーに登録された方には後日、愛犬のホームケア情報「ぐり通信」も併せて配信させていただきます。ご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)


●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!